日本バリアフリー協会へ表敬訪問

注目

左:GCグランドフェスティバル 実行委員会 高岡和宏氏  中:川口市議会議員 稲川和成  右:特定非営利活動法人日本バリアフリー協会 代表理事 貝谷嘉洋氏

左:GCグランドフェスティバル 実行委員会 高岡和宏氏 中:川口市議会議員 稲川和成 右:特定非営利活動法人日本バリアフリー協会 代表理事 貝谷嘉洋氏

こんにちわ。特定非営利活動法人日本バリアフリー協会へ表敬訪問させていただきました。

日本バリアフリー協会は「音楽でひろがるバリアフリー 頑張る障がい者を応援する」を基本に、障がいをもつミュージシャンの音楽コンサート「ゴールドコンサート」や今年4月17日に開催される日本初の障がい者が主催するエンタテインメント事業「GCグランドフェスティバル」等を主催しています。

代表理事の貝谷嘉洋氏は筋ジストロフィーのため電動車いすに乗り、24時間の公的介護を必要としていますが、法人を経営し、納税もし、「障がい者が当たり前に働ける社会」を実現したいという思いを強く抱き活動しているとの事。

今回同席された GCグランドフェスティバル 実行委員の高岡氏も車椅子ユーザでありながら川口で福祉の会社の常務取締役として活発に活動されています。

クリックするとPDFがダウンロードできます

GCグランドフェスティバル2015 チラシ。※クリックするとPDFがダウンロードできます

貝谷氏からの話で、アメリカでは経済問題として障がい者雇用を語られると伺いました。

障がい者の方々が働き、消費して経済を回す。

今後、川口市でも人口の減少は避けられない問題となっております。

もちろん、高齢化問題もあります。

今後も色々視察し、良い所を吸収し「川口市に住んでいて、幸せだ!」と市民に思われる市を目指して、全力で行動します!

東京都指定障害福祉サービス事業所訪問

注目

IMG_2843

こんにちわ。スタッフ増田です。
先日平成26年4月1日に開設した、東京都指定障害福祉サービス事業所(就労継続支援B型)アプローズ南青山さんに先生のお供で表敬訪問させていただきました。

川口市はパンや木工作業所はあるのですが、利用者がアート、デザインといったエンターテイメント的な就労支援は少ないので、勉強になります。

代表の光枝さんは東京都庁の福祉保健局で8年間勤務し、その間に色々な事業所を見て、自身で理想とする事業所を本年立ち上げる事ができたそうです。
もちろん苦労もたくさんあるようで、興味深いお話しを伺わせていただきました。

就労支援は「これやって」が多い中、利用者の自発的・感性を主軸に展開していくのは珍しい取組だと思いました。
利用者の方々もみなさん楽しそうに、また集中してやっておられて、時間が過ぎるのがあっというまだと言ってました。

特別に今回は稲川先生も作品作りに参加させていただき、がんばってました。
野菜ブーケや、ワインやシャンパンボトルをお花でデコレーションしたものなどお勧め品が本当にいっぱいあるので
皆様一度ホームページを見てください。

、東京都指定障害福祉サービス事業所(就労継続支援B型)アプローズ南青山

7 ある障がい者からの手紙~安心して暮らせる地域社会の実現を目指して~

一般質問稲川先生似顔絵  

(1) 障がい者マークについて

 本来であれば、全部読みたかったんですが、マタニティーマークのような障がい者マークをつくっていただきたい。

 (2) 障害者優先調達推進法の対応について

 地方自治体に障害者優先調達推進法というのが6月20日に成立しております。対応についてお答えください。

一般質問答弁用

◎大久保光人福祉部長 御答弁いたします。

 (1)でございますが、障害の有無にかかわらず、高齢者、障害者、傷病者、妊産婦、乳幼児連れなど、配慮が必要な方に優しい環境をつくることは当然目指すべきものと認識してございます。議員御提案の障がい者マークの作成も含め、市民の方々が障害や障害者への理解と認識を高めるにはどのようにあるべきか、当事者団体等の意見を参考にしながら研究して参りたいと存じます。
 以上でございます。

 

◎渡辺正之理財部長 御答弁申し上げます。

 (2)でございますが、障害者優先調達推進法につきましては、平成25年4月の施行に向けて、今後、国において必要な政令等々について、順次内容を検討、発表することとなってございます。このことから、それらが整備されましたら、障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針の作成及び方針に基づく物品の調達等を行うことにつき、関係各課と協議して参りたいと存じます。
 以上でございます。